深い眠りを実現するためにはメラトニンが良い

メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、日没後から夜にかけて脳内の松果体という場所で分泌されて副交感神経に作用することで心地よい眠りをもたらします。
メラトニンは正常な睡眠リズムを保つ上で必須と言えるホルモンですが加齢によって分泌量が年々減少する上、夜型生活を送っているとますます必要な量が分泌できない事態に陥ります。

夜型生活になりがちな現代人はメラトニン不足から不眠症などの睡眠障害を招くリスクが高いです。
寝付きの悪さや夜中にたびたび目覚めてしまうことで熟睡した心地がしないなど、睡眠不足が数日にわたって続き昼間に眠気を覚えるため集中力が低下、慢性的な倦怠感にも悩まされることになります。
メラトニンは夜間にしか分泌されませんが、その原料となるセロトニンの分泌は朝の太陽光を浴びることと昼間の活発な活動が重要になるため、いったん生活リズムが乱れてしまうと自力での改善がますます困難になってしまいます。

メラトニンの原料セロトニンは幸せホルモンの異名を持つ脳内の神経伝達物質で、幸福感や心の安定に関わる作用を行います。
セロトニンは朝の太陽光を浴びた身体が体内時計をリセットすることで分泌を開始しますが、その時に日没後から夜にかけてのメラトニン分泌のタイマー予約も入る形になります。
朝の太陽光を浴びなければ原料のセロトニンを確保できずメラトニン分泌もおぼつかなくなります。
セロトニン不足はメラトニン不足にも直結しており、不眠とうつの関係が悪影響を及ぼし合う要因の一つとも考えられています。

メラトニンがもたらす眠りは一般的な睡眠導入剤で得られる急速な眠気とは違います。
交感神経で心身のリラックス作用を司る副交感神経に働きかけることで体温や血圧、脈拍などを下げて身体が眠る状態になるのを促してから自然な睡眠に引き込みます。
メラトニンが深く質の良い眠りを実現すると言われるのはその作用と、昼間の活発な活動のために重要な日常の生活リズム全体を整える効果によるものです。

寝不足が人間の身体に及ぼす悪影響について

睡眠ホルモンであるメラトニンは加齢やストレスによって分泌量を減らしてしまうため、夜型生活や寝起きの時間が日によって違うなど日常のリズムを乱れさせているとさらに分泌量の低下を招きます。
睡眠不足が原因のさまざまな体調不良や思わぬ病気を招く原因になってしまいます。
夜型生活で昼間それなりの睡眠時間を確保していても、体内時計のリセットが正確に行われないとセロトニン不足に陥ってメラトニンの原料を減らす上、夜にしか分泌されないメラトニンの恩恵を受けられないことにもなります。

メラトニンは睡眠ホルモンであると同時に細胞に対して抗酸化作用を持つとされ、免疫機能をアップするサポートも行うことから病気予防にも役立つと言われています。
メラトニンがもたらす抗酸化作用は、加齢による不調や不具合を引き起こす最大の原因と言われる活性酸素が細胞を酸化させることで発症させるさまざまな病気を根本から抑制して行く働きを担います。
活性酸素を効果的に抑えることは理想的なアンチエイジング対策にもなり得ます。

活性酸素の害は肌のシミやシワの原因にもなり美容の大敵でもありますが、髪の毛にも少なからぬ影響を及ぼすことが明らかにされて来ています。
年齢を重ねるほどに薄毛になりやすいのは、メラトニン量の減少によって睡眠不足に陥り、髪の毛が順調に成長するために必要な成長ホルモンの分泌不足を招くためと指摘されています。
寝不足がもたらす害は病気の原因になるばかりか、肌に悪影響を及ぼして美容の妨げとなり髪の毛の成長も阻害して薄毛の原因にするという恐ろしい結果を呼ぶことにもなります。
メラトニン作用による睡眠障害の予防は心身の健康維持はもちろん、美容のためにも必須と言えます。