痛風の痛みの対処法とその予防方法について

頭が痛い女性

痛風はその名前の通り耐えられないほどの激痛に襲われる病気です。
通風を発症したら病院での治療が必要ですが、初めて痛風の痛みを体験した場合は薬も何もないので自分自身で対処するしかありません。

痛風の痛みを自分自身で対処するにはどのような行動をとればよいのでしょう。
そして通風を発症した場合は再び症状が出ないためにどのような予防対策をとれば良いのでしょう。
痛風による発作の痛みを感じた場合は患部を冷やすことが基本です。
よく痛風の痛みを感じた場合は思わず患部をもみほぐそうとマッサージをしてしまいそうになりますが、患部へのマッサージは逆効果で痛みをより増すだけです。

痛風の痛みを感じたら氷をビニール袋に入れたものや保冷剤を用意し、患部に直接押し当てます。
そして幹部はなるべく心臓よりも高くします。
そしてそのままの状態で安静にするようにしましょう。

痛風の痛みは痛みを感じてから24時間ほど経過した後でその後は徐々に痛みがおさまって10日もすれば痛みは無くなります。
しかしそんなに長期間耐えられるような痛みではないので痛風の痛みを感じたら出来るだけすぐに病院に行きましょう。
痛風の痛みはできれば体験したくないものです。
たとえ一度痛みを感じた後でも病院で治療を受けながら日常生活に気をつける事で予防は十分可能です。

痛風を引き起こす原因が尿酸です。
尿酸はカロリーの高い食事を続けることで高くなります、肥満の人はさらに痛風になる危険性が高まるため、普段からカロリーの高い食事が多い場合は控えるようにしましょう。

そして痛風の改善には尿酸の排泄が必要不可欠です。
尿酸は尿によって排泄されるため、尿酸を身体にため込まないためにも十分な水分をとるようにしましょう。
通風を改善するために必要な水分は一日2リットルといわれています。

ストレスは様々な体調不良を引き起こしますが、痛風の原因となる尿酸値も増加させます。
適度なストレス解消も痛風の予防にはとても有効です。

痛風に対してアスピリンの服用は控える

市販の鎮痛剤を常備しているという家も多いでしょう。
もし痛風による痛みが上記の対処法で耐えられない場合は家に常備している市販の痛み止めを服用しても構いません。
痛み止めは頭痛だけではなくあらゆる痛みに有効なため、服用することで痛みを一時的に抑えることが出来ます。

しかし、痛み止めを服用する際に一つ注意しておいてほしいことがあります。
通風による痛みを痛み止めの服用によって抑える場合、アスピリン系の痛み止めは服用しないようにしましょう。
どうしてアスピリン系の痛み止めを痛風の患者が服用してはいけないのかというと、アスピリンには体内の尿酸値を変動させる働きがあるためです。

体内に少量のアスピリンが入ると尿酸値が上がります。
尿酸値が上がることが痛風に良くないことは改めて説明しなくてもわかることでしょう。
そして一定量以上アスピリンを接収すると、今度は逆に尿酸値を下げます。
通風の原因である尿酸値が下がるのならいいのではないかと考える人も居るかもしれません。

しかし、痛風の発作が起こっている最中に尿酸値を下げると尿酸の結晶が関節部分に剥がれ落ちたりすることがあります。
その結果通風の症状を悪化させる可能性があります。

痛み止めとして効果が出るくらいの量のアスピリンを服用すると、だいたい尿酸値は低下することが多いです。
一般的には尿酸値が上がるからアスピリン系の痛み止めは飲まない方が良いと言われていますが、実際には逆でむしろ尿酸値を下げることの方が危険性が高いのです。
痛風の症状を抑えるために痛み止めを飲む場合は成分表をチェックして、アスピリン系以外の成分を使用している薬を服用するようにしましょう。

また痛風に効果のある薬として、尿酸の生成を抑える尿酸生成抑制薬と尿酸の排泄を促進する尿酸排泄促進薬の2種類があります。
尿酸排泄促進薬にはベネシッド錠やユリノーム錠、尿酸生成抑制薬にはザイロリック錠やフェブリク錠などがあり、いくつかの治療薬が存在します。
これ以外にも一時的に痛風の症状を抑える効果のある薬もあるため、正しい知識を身に付けた上で、その時の病状に合った適切な治療薬や治療方法を選びましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ