解熱鎮痛剤には即効性があります

薬を飲んでいる人

日常生活ではちょっとした足のけがや頭痛、筋肉痛などで痛みを感じるシーンにしばしば出会います。
そんなときに手軽に痛みを抑えてくれる解熱鎮痛剤は非常に便利な薬です。
しかも即効性があり、すぐに痛みを止めたいときに役に立ちます。

解熱鎮痛剤には体内で痛みや発熱を起こす物質の生成を抑える成分が含まれており、痛みを緩和したり熱を下げる作用を発揮します。
即効性があるので、個人差はありますが、効果を発揮するまでの時間は15分から60分程度と他の薬に比べて非常に短いのが特徴です。
薬を飲んだ半数以上の人が15分程度で効き目を感じています。
薬を飲んだ後は7時間程度効果が持続するので、6時間程度間隔をあけるのが良いとされています。
1回に1錠飲むのが基本ですが、歯を抜いたあとや手術のあとなど痛みが強い時は医師の指導に基づいて1度に2錠飲む場合もあります。

解熱鎮痛剤は一般的に幅広く使われており、たとえば生理、頭痛、肩こり、腰痛、筋肉痛などの痛みを抑えたり怪我をしたときの骨折や傷などの炎症を抑える効果や発熱時の解熱効果など使える場面が多いのも特徴です。
解熱鎮痛剤はあくまでも対症療法なのでこの薬剤自体が病気を治癒させるわけではありませんが、症状を和らげてくれるのにはとても役に立ちます。
たとえば頭痛や生理痛などがひどいときには痛みのために日常生活を普通に送るのも不自由してしまいます。
そんなときに解熱鎮痛剤を服用すると、痛みを抑える成分が体内で有効に働くので速やかに痛みから解放されます。

同様に熱が高い時にも便利です。
高い熱を出すと熱のために食欲不振になったり全身にだるさを感じたり、眠れなくなってしまうことさえもあります。
しかし解熱鎮痛剤でいったん熱を下げることで、食事が普通に取れるようになったり睡眠を十分とれるようになり、たとえ一時的であっても体力回復が期待できます。
正しい服用方法を守って使えば、非常に利点の多い薬です。

解熱鎮痛剤の正しい服用方法

解熱鎮痛剤は服用方法に注意が必要です。
副作用としてびらん性胃炎や眠気などがあります。
空腹時に飲むとびらん性胃炎を起こしたり、腹痛や食欲不振を起こすことがあります。
服用するときは、空腹時を避けて食事後すぐに使用するのが原則です。
どうしても食欲がないひとは、少量でもいいので何か食べてから薬を服用するようにします。

胃の弱い人は胃の粘膜を保護する薬と同時に服用することをおすすめします。
胃の弱い人が解熱鎮痛剤を医師から処方してもらう際には、胃の薬も処方してもらうと良いでしょう。
また副作用である眠気ですが、比較的起こりにくいとされています。
しかし、個人によって体質に差があるので、中には服用後に眠気を感じる人もいます。
もしも、解熱鎮痛剤を服用後眠くなってしまう人は車の運転や高いところの作業を控えた方が良いでしょう。

また、集中力が低下することもあるので、機械の操作を行う人も注意が必要です。
あるいは使用する時間帯を選んで使うのも一つの方法です。
またまれに、薬物乱用頭痛といって、解熱鎮痛剤を多用し過ぎたためにかえって頭痛がひどくなる症状がおきることがあります。
使うときは一度に大量に飲まない、服用間隔をあける、長期の使用を避けるなどの決まりを守って使うことが大切です。

特に一週間以上の長期服用は避けた方が良く、どうしても使用したいときは医師と相談の上使うことをおすすめします。
解熱鎮痛剤は風邪薬と似たような成分が入っている事があるので、場合によっては同時服用を避けた方が良い場合があります。
また、同様にアルコールと同時服用は厳禁です。
アルコールと同時に服用すると薬が全身へ回るのが早くなり、思わぬ副作用をもたらすことがあります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ